おすすめルアー紹介

20メタニウム予約必至!?特徴や適している使い方を解説!

発売まであとわずか!!RIGHTハンドルは3月LEFTハンドルは5月といつも通り、RIGHTハンドルの方が早く発売になるようなのでLEFTハンドルの方は少し待たないといけませんが、技術などかなり盛り込んだ機種になるので購入しても損はないと思います!しかしお世辞にも安いとは言い難い値段なのでここでは進化した性能やどのようなシチュエーションで使うのかを詳しくお話していこうと思います。それではいってみましょう!!




1.20メタニウムが進化した点

まずは先代の16メタニウムから20メタニウムになって進化した点を押さえていきたいと思います。

コアソリッドボディとMGLスプールⅢ

なんたって進化した技術の目玉はこのコアソリッドボディMGLスプールⅢ

18バンタムで初の採用になった一体成型と19アンタレスからの最新スプール。良くないわけがないですよね!

この2つの進化がどのようなものなのかを見ていきましょう。

コアソリッドボディ

コアソリッドボディとは上記でも話した通り、18バンタムに初採用されたサイドカバーがないボディ形状のことです。

 

 

20メタニウムのボディ構造「コアソリッドボディ」

 

 

 

この画像のようにサイドカバーがなく、サイドは丸いダイヤルをねじ込むようになっています。

ただ、それだけで変わるのか?っていう感じですが強い力のフッキングを要する釣りではリールのたわみがあると無意識にフッキングを弱めてしまったりすることもあります。

僕自身もかなり18バンタムを使い込んできましたが、コアソリッドボディの恩恵はもの凄く実感しています!

さらに20メタニウムではボディ素材にマグネシウムが使われているみたいなのでますます楽しみで仕方ありません。

MGLスプールⅢ

そしてもう一つは19アンタレスと同じMGLスプールⅢです。

34 ㎜の外径に対し、幅19 ㎜のナロー(幅狭)形状とすることで、第二世代マグナムライトスプール比で約15%もの低慣性化を達成。遠投性能はもちろん、従来を遥かに上回る軽やかな立ち上がりと、どこまでも伸びる爽快なキャストフィール、そしてトラブル回避性能の大幅な向上を実現しています。 (シマノHP抜粋)

ナロー形状にしたことによって約15%の低慣性化は凄いことでかなり期待が高なりますね!

2.細かな変更点

これまで大きな2つの進化した点を書きましたが20メタニウムにはまだ様々な変更点があります。

まずはギア素材の変更です。今回はギアに強度を持たせるためにブラスのギアになるそうで16メタニウムを使っている僕からしたら1番嬉しい変更点かもしれません。それとこのブラスギアの重さを調和するためにスタードラグやレベルワインドなどの小さなパーツがci4素材になるとのことです。なのでブラスギアが入ったのにも関わらず16メタニウムと同じ重量で収まっています。

はたしてこのci4素材にしたことでどう影響するのか?

個人的にここが一番気になります。

3.20メタニウムが得意とする釣り

1でお話したことを踏まえて20メタニウムがどのような釣りに合っているのかを考えていきたいと思います。

ショートピッチな撃ちの釣り

まず、絶対的に得意だろうという釣りはカバー撃ちのようなピッチングで投げるような釣りです。

MGLスプールⅢのナローなスプールでの立ち上がりの良さとコアソリッドボディのたわみのないボディで思い切りフッキングも可能。

それに加えてメタニウム特有の軽量リールならではの操作感にブラスギアでカバーからバスを強引に引き出せる。

恐らく、カバー撃ちに関しては敵なしになるんではないかと予想してます。

操作系のトップウォーターの釣り

やはり、ポッパーやペンシルベイトのようなトゥイッチなどをしてバスを誘う操作系の釣りも得意だと思います!

上記で書いた通り、操作性やピンポイントにキャスト出来る立ち上がりの良さなどこのような釣りも個人的にはおススメなのかなと思います。

4.20メタニウムが不得意とする釣り

ここもかなり気になるところではあると思いますがまだ販売されてませんので僕個人の憶測の話になりますのでご参考までに。

巻きの釣りが苦手??

タイトルを見たときに「えっ??」となられた方もいると思いますが僕が思うに20メタニウムは巻きの釣りが苦手ではないかと思います。

理由としてはci4素材の使用です。

上記にも書きましたが僕がこの20メタニウムで一番気になっている点です。スタードラグに使う分には全く問題ないのですがレベルワインドのウォームシャフトに使っているというのは巻き感にどう影響がでるのか?

ウォームシャフトはキャスト時には動かないので気にはならないですが巻取りになるとギアと同じように擦れる部分になるのでかなり影響が出ると思います。

5.まとめ

これまで20メタニウムについて書いてきましたが、かなり進化していて楽しみですね!

カバーの釣りが好きな方やトップウォーターが好きな人は今から予約してみても損はしないと思います。

不得意だと思う釣りも実際使ってみないとわかりません。

僕も恐らくHGを買うと思いますので購入したらインプレしたいと思います。

 

【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20メタニウム右※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送
【3月入荷予定/予約受付中】シマノ 20メタニウムXG右※他商品同梱不可。入荷次第、順次発送