おすすめルアー紹介

バス釣りラインを理解することが釣果UPの近道?3種のラインの特徴

釣りをするにあたってラインは絶対に無くてはならないものです。

だからこそ、こだわる必要があると思います。

今回はバス釣りにおいて一般的に使われる3種類のラインについてお話していきます。どんな釣りをするのかによって適切なラインに変えていくと必ず釣果UPに結び付きますので参考にしてみてください。

バス釣りで使うラインは主に3種類

近年のバス釣りで使われるラインは主に3種類あり、それぞれ特徴があります。

バス釣りで使うラインの種類

ナイロンライン

フロロカーボンライン

PEライン

この三種類がバス釣りでよく使われるラインになります。

この3つを上手く使い分けることによってもっと釣りが上手くなりますので深く理解していきましょう。

太さ=強さではない

ラインには単位表示が2つあり、それはlb(ポンド)と号です。

バス釣りではlb(ポンド)がほとんどですが、海釣りでは号が多くて、ここでよく勘違いされるのが2つとも「強さ」の単位だと思っている人がかなりいます。

しかし、それは違っていて正式には

lb(ポンド)=強さ(引っ張り強度)

号数=ラインの太さ

になります。ここはかなり大事なので覚えておきましょう。

それでは次はラインの特徴についてです。

3種類のラインの特徴

「バス釣りはナイロンラインでしょ!」と言われるぐらいバス釣りでは定番のナイロンラインですがどのような特徴があるのかをお話していきます。

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインの特徴は比較的柔らかくてとても扱いやすいということです。

そしてラインが水面に浮く。というのもかなり大きな特徴になります。

しかし、ナイロンラインは水を吸ってしまうのがデメリットであり、3種類の中劣化が一番早いです。

その分値段も安価になっており、求め易くはなっています。

おすすめのナイロンラインはこちら

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインは今やバス釣りをするにあたって主流のラインになっており、色んなメーカーから商品が発売されています。

フロロカーボンラインはナイロンラインと比べてもかなり硬く、そしてあまり伸びないというのが特徴です。

その他にも水に沈む、引っ張り強度が強いなどの特徴もあります。ですが、引っ張り強度に関してはナイロンよりも強いですが擦れの強度はナイロンラインには劣りますので注意してください。

値段のほうは3種類中では中間にあたります。

おすすめのフロロカーボンラインはこちら

フロロカーボンラインの使いどころは葦際のカバーやボトムの釣りに適しているので使ってみてください。

PEラインの特徴

最後はPEラインです。

このPEラインというのは前者の2つに比べてかなり特徴的で引っ張り強度はこの3種類の中で断トツで強いです。それに水面に浮くということも特徴の一つです。

表面を滑りやすくコーティングしたタコ糸と想像してもらえればいいですね。

引っ張り強度が強いということで糸の伸びも全くありません。ですがこのPEラインには大きなデメリットがあり、それは擦れにめちゃくちゃ弱いということです。

少しでも岩に擦れれば簡単に糸が切れてしまいますので使い方には注意が必要です。

値段の方はPEの編み込み本数で変わってきます。バス釣りでは4本編みか8本編みのどちらかになると思いますが編み込み本数が多ければ多いほど滑らかな質感になってきます。それに応じて値段もかなり変わってくるのでどちらかにするかは皆さん次第です。

おすすめのPEラインはこちら

PEラインの使いどころはトップウォーターなどの水面の釣り、スピニングで飛距離を出したいときなどに使えると思います。

水面の釣りをする際はリーダーはいりませんがPEラインで遠投してボトムをとるような釣りをするのであればリーダーは必須なのでしっかりと結ぶようにしましょう。

(※リーダーとはPEラインが岩などに擦れないようにPEラインの先に結ぶラインのこと

ラインの構造

皆さんはラインの構造って知っていますか?

このラインの構造を知ることで上記で挙げた特徴をより深く理解できると思いますので少しだけ難しいお話をしてきます。

ざっくりいうと3種類のラインは分けると2つの構造に分けられてナイロンラインが単層構造でフロロカーボンラインとPEラインが複層構造で作られています。

ナイロンラインは粒子に集合体で1本になっていて、フロロカーボンラインとPEラインは複数の繊維を編み込んで1本になっているということなんです。

これを踏まえて擦れ強度を考えてみるとナイロンラインはもともと1本なので最後のぎりぎりまで粘ることが出来ますが、フロロカーボンラインやPEラインは擦れることによって繊維の1本、1本が切れてしまってどんどん強度が落ちていき、簡単に切れるようになってしまうので注意しましょう。

まとめ

今回の記事のまとめとして初心者の方で何のラインを巻いたらいいか分からない。という方はナイロンラインでほとんどの釣りが補えるので上記でおすすめしたナイロンラインで良いと思います。その他に巻物用やトップウォーターを中心に釣りをするよ!って方もナイロンラインがおすすめです。

フロロカーボンラインは霞が浦みたいな葦撃ちや強めのフッキングを要する釣りにおすすめになります。

PEラインはフロッグやパンチング、スピニングでの遠投などで活躍するのでぜひ使ってみてください。

この3種類のラインを上手く使い分けれればバス釣り上級者の仲間入りなので特徴を活かして釣りを楽しみましょう。