おすすめルアー紹介

クランクベイトに最適なロッドとは?ロッドの素材から詳しく解説

クランクベイトはバス釣り経験者ならほとんどの人が使ったことのあるルアーだと思いますが「バイトがあるのにかからない」 「一瞬掛かったけどすぐにバレてしまう」そんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

せっかくバスがバイトしてきたのに掛からなかったり、バレたりするのはもしかしたらクランクベイトを使っているロッドのせいかもしれません。

クランクベイトはただ巻いてくるだけで釣れるルアーですが常にルアーが動いているため、バスも食いミスをおこしやすく、しっかりとフックが掛かっていなかったりしてしまいます。

なのでこの状況をロッドの力でカバーすることがばらさないための近道となります。

過去におすすめのクランクベイトも記事にしてますので見てみてください。

クランクベイトおすすめ5選!カバーに当てて釣れ!【カバ―クランク編】

クランクベイトおすすめ5選!ただ巻きだけで釣れる!【中層クランク編】



クランクベイトロッドに最適なロッド素材

ロッドには主に3種類の素材が使われています。

その中で今回はクランクベイトに適しているロッド素材を2種類紹介します。

グラスコンポジット

まず、1種類目はカーボンの中にガラス繊維を混ぜ込ませたグラスコンポジットと呼ばれる素材です。

このグラスコンポジットというのはカーボン素材の中に10%~20%ほどのガラス繊維を練りこませてロッド自体に粘りを持たせて反発力を弱める効果があります。

グラスコンポジットを使ったロッドは乗せ重視のロッドでバスがバイトしてきても離しにくいのが特徴となっており、クランクベイトなどの巻物ロッドとして一番ポピュラーなロッドとなっています。

ただし、乗せ重視のロッドだからといって向こう合わせだとバレてしまうこともあるのでしっかりとフッキングをしてフックを貫通させましょう。それとグラスロッドは一般的なカーボンロッドなどに比べると少し重くなるので注意です。

おすすめのグラスロッド

①シマノ エクスプライド

シマノの1万円後半~2万円弱で買えるコスパの高いロッドです。他にもMLパワーやMHパワーもありますのでチェックしてみてください。

②ダイワ リベリオン

リベリオンは今年ダイワから新たに登場したバスロッドでグラスロッドも5機種ラインナップされてますので自分に合ったグラスロッドが見つかると思います。

低弾性カーボン

2種類目は低弾性のカーボンロッドです。

カーボンロッドは高弾性、中弾性、低弾性と3つ種類があり、クランクベイトを使うとなると低弾性カーボンのロッドが一番最適です。

理由はグラスコンポジットのロッドと大して変わりませんが低弾性という字の通り、反発力が弱いのでバスのバイトがはじきにくいし、離しにくいロッド素材となっています。

おすすめの低弾性カーボンロッド

①シマノ ポイズングロリアス168M-LM

低弾性カーボンはシマノの場合LMと付いていますので探してみてください。

グラスロッドと低弾性カーボンロッドの違い

似ているグラスコンポジットのロッドと低弾性カーボンロッドの違いはないのか?といわれると少しばかりあるのでお話します。

まず、グラスロッドはカーボンロッドに比べて自重が重い。ということ。

これは一日中クランクベイトを巻き倒すという方はかなり疲労感に違いが出ると思います。実際に持ってみると少し重いかなってぐらいですが一日振り回すとなると断然カーボンロッドの方が楽です。

他にはいくら低弾性とは言ってもグラスロッドの方が反発力が弱く扱いやすいという点があります。

クランクベイトをピンスポットやカバーに絡めて使う場合キャスト精度がかなり重要になってきますよね。

グラスロッドは反発力が弱く、ルアーの重さをロッドに感じることができて狙ったポイントに投げやすいという利点があります。反対にカーボンロッドは低弾性ではあるものの、やはり少しばかりですが張りがありますのでピンポイントにキャストするのは慣れが必要になってきます。

ソリッドティップ搭載のロッドはダメ?

記事の冒頭でロッド素材は主に3種類あると書きましたが上記の2種類に加えてソリッドティップ搭載のロッドがあります。

僕はあまりソリッドティップでのクランキングはおすすめしません。ソリッドティップ搭載ロッドとはロッドの根元がカーボン素材になっており、竿先10㎝程度にソリッドティップが付けられているロッドのことを言います。

カーボンが中身が無い空洞のパイプと想像していただくとソリッドというのは中身の詰まった棒みたいなものです。

なのでソリッドは柔らかくて巻物に向いているのではと思ってしまいますがソリッドの部分は竿先だけですので柔らかいのは竿先だけになります。バット=ロッドの根元はカーボン(ほとんどが高弾性)なので竿先が曲がってもその後が追従してくれないのでバイトを弾いてしまうことが多々あるのが現状です。

まずはグラスロッドで

クランクベイトが好きで投げているけど巻物専用のロッドを持っていなくて最近バラしが多いや、そろそろクランクベイト専用のロッドが欲しいと考えている方はまずグラスコンポジットのロッドを購入してみてください。とても使いやすく、必ず釣果にも影響してくると思います。それに慣れてきたら低弾性のカーボンロッドに挑戦という形で良いと思います。

巻物専用のロッドを探したいという方は下のサイトで探してみてください↓