おすすめルアー紹介

バス釣りでのトップウォーターの種類やおすすめルアーを紹介!使い方もマスターしよう!

SONY DSC

バス釣りにはいろいろな釣り方やルアーがありますが、トップウォーターというジャンルは水面でバスを騙してバイトさせるルアーであり、水柱を立ててバイトしてくる姿は迫力満点でトップウォーターでバスを釣る醍醐味ですね。

そのようなトップウォータールアーの中でも様々な種類があり、季節ごとやバスのコンデションに合わせて使い分けていく必要があります。

トップウォーターというジャンルは「トッパー」と呼ばれるトップウォーターしか投げない人たちもいるほど奥が深く、楽しい釣りなので今回はいろいろなことを覚えましょう!


トップウォーターとは

まず、初めにトップウォーターというジャンルについてみていきましょう。

トップウォーターとは水面に浮くルアーで音や波紋を出してバスを釣るルアーです。

逃げ惑う小魚や虫などあらゆる生命体に化けることが可能で使い手次第で釣果に差が出るルアーでもあります。

トップウォーターが1番騙しやすい

バスを釣るにおいていろいろなルアーやワームがありますがトップウォーターのルアーが1番バスを騙しやすいです。

まず、水面にはバスの捕食ターゲットがたくさんいてバスは水中よりも水面で捕食しようとします。なぜかというとバスは基本的にベイトを壁に追い込んで捕食するのですが水面も魚たちにとってはそれ以上先に進めないので壁になります。なのでバスが水面付近にいる場合は捕食モードに入っているため釣れやすくなります。

止めて誘えるのも強み

トップウォーターは他のルアーと違って常に水面で浮いているので止めて誘うこともできます。

例えばポッパーでは動かし続けてもベイトが逃げ惑う演出もできるし、ポーズをいれると死にかけの魚や虫などにも化けることもできます。ペンシルベイトなどでも一瞬ポーズを入れることで食わせの間を作ることができるのでトップウォーターは止めることが大事です。

おすすめのトップウォーターと種類

トップウォーターにはいろいろな種類があるので早速紹介していくと同時に僕がおすすめするルアーも紹介させてもらいますので参考にしてみてください。

ペンシルベイト

トップウォーターの代名詞の一つでもあるペンシルベイトから紹介します。

ペンシルベイトは昔からあるトップウォーターを代表するルアーです。

見た目はただの細長い棒みたいな感じですがドッグウォークというアクションが基本的な動かし方で主に小魚が逃げ惑う様子を演出します。

使いどころとしてはボイルしているようなバスの活性が高い状況のときに使うのがベストなタイミングだと思います。

使い方は一定のリズムでロッドをチョンチョンして首を左右に振らせます。その時に良い感じのポイントがあれば少しポーズさせてあげるとなお、いいと思います。

僕のおすすめルアー

ポッパー

ポッパーも昔からあるトップウォーターを代表するルアーの一つです。

ポッパーはルアーの口の部分が水を受けるように大ききなっているのが特徴でこの口で水しぶきや音といったアピールをバスにすることができます。

ポッパーはいろいろなベイトに化けることができ、ポーズが1番大事なルアーです。少し動かしてポーズの繰り返しでバスが居そうなポイントをネチネチ誘うことができるのがポッパーの強みのなります。

使いどころとしてはカバーやストラクチャーなどの障害物付近に投げてネチネチ誘うといいと思います。

僕のおすすめルアー

スイッシャー

スイッシャーは前と後ろにプロペラが付いたルアーです。

このルアーはゆっくり巻くだけで前後のプロペラが回り、バスを誘えるという使いやすいトップウォーターです。

しかし、ただ巻くだけで釣れるルアーですがテクニカルな使い方もできるルアーであり、強めにロッドを下向きに引っ張ってあげると少し水中にルアーが入りすぐに浮いてきます。その時にポーズをいれてあげるとバスがバイトしてくるという釣り方もできるのでスイッシャーも1つは持っておきたいルアーです。

僕のおすすめルアー

羽根モノ

近年、ブームにもなっている羽根モノもトップウォーターですね。

羽根モノはただ巻くだけで釣れてしまう魔法のようなルアーです。特に技術的なものは必要ありません。気を付けるところは投げるポイントとどのコースを引いてくるかです。

羽根モノは春から初夏にかけてよく釣れるので投げてみてください。

僕のおすすめルアー

バズベイト

バズベイトはトップウォーターの中で唯一止めることのできないトップウォーターで止めてしまうと沈んでしまいます。

バズベイトは音とスピードでバスを騙すルアーで使い方は大きなペラを水面でガシャガシャさせるスピードで巻いてきます。バズベイトは秋によく釣れるルアーでバスの活性が高いときに巻いてみましょう。

僕のおすすめルアー

フロッグ

フロッグはトップウォーターの中でも少し特殊でフックが上向きについています。

フックが上向きについているのでひしもなどのマットカバーでも引っかからずにバスに誘うことができ、フロッグは柔らかい素材でできているのでボディ内部は中空になっていて着水音でもバスにアピールすることができます。

それにマットカバーだけではなく、ごちゃごちゃしたカバーなどにも臆さず投げ込むことができるのでビックバスとの遭遇率も上がります。

ですがフロッグを使うにあたってはひしもごとバスを寄せれるパワーのあるロッドとゴリ巻きしても切れないPEラインを組んだ専用のタックルがあったほうがいいと思います。

使いどころとしては他のルアーが投げれないところ全般おすすめです。

僕のおすすめルアー

フローティングワーム

これまでは比較的硬いルアーを紹介してきましたがトップウォーターで使えるワームもありますので紹介します。

フローティングワームを使う場面は主にサイトフィッシングかカバー周りです。見えているバスは頭がいい個体が多く、ハードルアーでは食わせきれないような天才級のバスも居るのでそういう場面に使用します。カバー周りで使用する場合はワームなのでオフセットフックが使用でき、フックを隠せるのでワームを多用することが多いです。

僕のおすすめルアー

その他のトップウォーター

これまでに紹介してきたトップウォーターの他にも細かく分類していけばキリがないくらいの種類があります。

例えば、ポッパーに似たダーターと呼ばれるものやただ巻きで使えるノイジー系などあり、使い方は上記で書いたような感じなので使ってみてください。

ロマンがたっぷり

トップウォーターはバスが水面で水柱を立てながらバイトしてくるかなりアグレッシブで楽しい釣りです。

トップウォーターの釣りが分かってくれば「どう動かしたらバイトしてくるのか?」「どのポイントを通して来たらバイトしてくるのか?」ということが分かってきて自分の予想通りにバスがバイトしてくることもあるようになります。自分が思っていた通りにバスが釣れたらゲームをクリアできたみたいで気持ちいいですよね。

それに50アップの水面でのバイトなどは見応えもあるし、ロマンもありますのでぜひ、トップウォーターを使ってみてください。