おすすめルアー紹介

野池でおすすめなメガバスのルアー5選!ベイト別に使い分けよう!

今回は多種多様なメガバスルアーの中で特に野池でおすすめなメガバスのルアーをバスが食べているベイトに合わせて5つご紹介していきます。

この5つのメガバスルアーがあればどんな野池も攻略可能だと思いますのでぜひ、参考にしてみてください。

野池で釣れるルアーの特徴

まず初めにどこにでもある野池で釣れるルアーの特徴を見ていきましょう。

バスの食べているベイトに合わせる

これは野池に限らず、川やダムでも同じですがバスがそのフィールドで捕食しているベイトに似せたルアーがより釣れやすいです。

野池では主に、ブルーギルや鯉、フナなどの魚やエビ、虫などもバスの捕食対象になりえます。かなり幅広いベイトを食べていますが季節をしっかり読めば大まかには絞ることが出来ます。

例えば、春なら鯉やフナの稚魚、夏にはブルーギルや虫などのベイトを意識すればより釣れやすくなると思います。

比較的浅いレンジを探れるルアー

野池はダムみたいに水深10m超えなどかなり深い野池はそうそうありません。

野池は農業用の水を溜めるためのものなのでそこまで深くする必要はありません。深くても3m~5mほどの野池が多いと思います。

それと野池は周りにカバーがあることが多く、バスは習性でカバーがあると安心して水面直下に浮くことが多いのでそれほど深いレンジを引いてこなくても釣ることが出来ます。

野池でおすすめなメガバスルアー

では早速、野池でおすすめなメガバスルアーの紹介をしていきます。

ポップX

まず1つ目はトップウォータープラグの名作「ポップX」です。
このポップXはかなり優秀でいろいろなベイトに化けれることが可能なルアーになります。
オーソドックスにドッグウォークさせると小魚が水面を逃げている演出が出来て、ゆっくりテーブルターンさせるとその場でじっくり誘うことも可能です。また、ポップ音でギルバイト特有の音を出せてビッグバスを誘い出すことも可能なかなり万能で優秀なトップウォータープラグです。

O.R.C(オーバーレブクランク)

このルアーもトップウォータープラグでポップXとは違ってアクションさせるのではなく、ただ巻きで使うルアーです。
フィーディングに入っているバスを効率よく釣っていけるルアーで出しどころは小雨が降っている場合やフラットなシャローが広がっているような場所がO.R.Cの出しどころなのでそのようなシチュエーションがあるときにぜひ使ってもらいたいルアーです。

SR-X グリフォン

3つ目はメガバスといえばおなじみのSR-Xグリフォンです。
野池でバス釣りをするならクランクベイトは必須なルアーでブルーギルやフナの稚魚などのベイトに似せることも出来るし、カバーなどに当ててリアクションでバスに口を使わせることも可能なルアーです。
このグリフォンというクランクベイトはかなり昔からあるルアーですが今、市販されているグリフォンは最新技術がたくさん詰まっているNEWモデルにリニューアルされていますのでひと昔のグリフォンよりも実釣性能が格段に上がっているのでぜひ、使ってみてください。

バイブレーションX-Jr.

このルアーも野池のメインベイトになりえるブルーギルやフナに似せたルアーです。
バイブレーションがおすすめな理由はクランクベイトじゃ届かない沖の釣りやクランクベイトより下のレンジを攻めたい場合に強くなるからです。
バスがどこに居るか分からない場合など広範囲に探ることが出来るお助けルアー的な存在なので1つはバッグに入れておいてもいいと思います。

シャッディング-X55

僕が長年釣りをしてきた経験ですがどんなルアーを投げても反応しない場合にこのような小さめのリアルシェイプ系のルアーにかなり反応がいいことがあります。

今までクランクベイトなどで釣れていたけど全く反応がなくなってしまったということがあればシャッドという選択をしてみてください。バスは捕食するターゲットが変わればそれまで目の敵にしてきたベイトたちを無視して今捕食しているベイトしか見えなくなります。なのでターゲットが変わったときにそれを察知して臨機応変に対応できればシャッド無双できるかもしれません。

ルアーローテーションで釣果を伸ばそう

5つ野池でおすすめなメガバスルアーを紹介してきましたが気になるものはありましたか?

この5つのルアーを持っていけば絶対釣れるというわけではありませんが僕が信頼を置いているルアーたちを紹介しました。使う状況やポイントを理解してその時々でルアーローテーションしていくといい思いが出来ると思いますので気になるものがありましたら使ってみてください。

上記のリンクで在庫切れや欲しいカラーが無ければ下のメガバスオンラインショップを覗いてみてください。オンライン限定カラーなど普段行くショップに売っていないものもありますのでおすすめです。

→メガバスオンラインショップホームページ