おすすめルアー紹介

野池でおすすめなメガバスのワーム5選!レンジ別で使い分けて攻略しよう!


皆さんは野池での釣行の際、どのようなワームを使ってバスを釣りますか?

今回はメガバスのワームに絞って僕が思う野池でおすすめなメガバスワームをご紹介していきます。

野池ではレンジを意識してワームを選ぼう

まず初めに釣りをするにあたってワームを選択する前にどのレンジを攻めていくか大まかに決めておくことが大事です。

攻めるレンジを決めておくとワームを選択するときに絞りやすくなるし、同じワームでもシンカーを付けるのか?どんなリグで使うのか?など様々な使い分けが出来ます。

いろいろなリグを知ろう

ワームはハードルアーと違っていろいろな道具を組み合わせることによって時には正反対の動きを出すこともあります。

なのでおすすめなメガバスワームを紹介する前に様々なリグがありますので見ていきましょう。

ノーシンカーリグ

ノーシンカーリグとはその名の通りシンカーと呼ばれるオモリをつけずにワームの自重だけでバスを誘うリグです。

このリグはシンカーを付けないのでバスに口を使わせる際に最も違和感なくバイトまで持ち込めるリグになります。しかしその反面、1投にかなりの時間を要するので出しどころが重要になってきます。

テキサスリグ、フリーリグ

テキサスリグとはワームの前にシンカーを通して使用するリグです。

メリットとしては遠くに飛ばせること、ボトムをきっちり誘えることなどがあります。またフローティングカバーなどをシンカーの重さを活かして貫くこともメリットとなります。

デメリットとしては表層から中層は誘いにくい、ボトムを攻めるので根がかりしやすいというところです。

フリーリグはテキサスリグのシンカーが可動式になり、中層のバスや喰い渋っているバスを一時的なノーシンカー状態を作って口を使わせるといったリグになります。

ネコリグ

ネコリグとは主にストレートワームを用いて小さなマスバリを使い、ワームの頭にネイルシンカーと呼ばれるねじ込み式のオモリを入れて使うリグです。

このネコリグはボトムの小魚やエビなど多種多様な生物に似せることが出来るリグでフックがボトムに干渉しないので比較的根がかりも少ないリグになります。

かなりバスを釣ることが出来るリグですがデメリットは頭に刺したシンカーが抜けやすいことです。ネコリグをするならネジ式のネイルシンカーがおすすめですよ。

ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグはジグヘッドというシンカーとフックが一体になっている道具を使い、バスを釣るリグです。

ジグヘッドリグはミドストやスイミングといった小魚系に似せた使い方やワッキーといったミミズや虫に似せて使う釣り方があり、この二つでは同じジグヘッドでもフックの形状が違うので注意しましょう。

野池でおすすめなメガバスのワーム

それでは野池でおすすめなメガバスのワームを5つ紹介していきます。

トーナメントクローラー

まず1つ目は定番のストレートワームでもあるトーナメントクローラーです。
トーナメントクローラーで使うリグは主にネコリグやノーシンカーワッキーが良いと思います。サイズ展開も3.5inch、4.5inch、5.5inchとありますが野池で使う分には5.5inchがおすすめです。例外としてはいつも行く野池がかなりクリアな野池ならサイズダウンさせてもいいかもしれません。

ハゼドンシャッド

2つ目は小魚シェイプのハゼドンシャッドです。
このワームはテールが付いているのでジグヘッドでただ巻きすると釣れるワームで巻くときのコツは出来るだけゆっくり巻くということです。底まで落としてボトムシェイクという使い方もありだと思います。

ボトルシュリンプ

3つ目はザリガニに似せているボトルシュリンプです。
このワームはザリガニやテナガエビなどが居る野池ではかなり効果的で使うリグは主にテキサスリグやフリーリグといった少し重ためなリグに相性が良いです。
サイズ展開は小さい方から2.4inch、3inch、4inchとあり一番小さい2.4inchはスモラバなどのトレーラーに使うといいと思います。

スパークシャッド

4つ目はスパークシャッドです。
このワームはノーシンカーのオフセットフックでゆっくりただ巻きして使うワームです。かなりテールが激しく動くので遠くにいるバスを引っ張ってくることが出来ます。
ボディの腹部にスリットが入っているのでこのようなボディが太いワームにありがちなフッキングが決まらないという欠点を無くしてくれています。

ダークスリーパー

最後の5つ目はダークスリーパーです。
このワームは今まで紹介してきたワームたちと違って初めからフックが付いているワームで長い背びれのところにフックが隠されており、パッと見た感じではどこにフックがあるのか分からない使用になっています。
個人的にかなり好きなワームでその中でも3inchで1/2ozのサイズが操作感も良くかなりおすすめです。

いろいろ試しながら良い釣りをしよう

野池でおすすめなメガバスのワームを5つほど紹介してきましたが気になるものはありましたか?

気になるものがありましたら是非使ってみてくださいね。ワームの釣りはリグやサイズ、動かし方で様々なアクションをさせることが可能です。自分自身が納得できるまでいろいろ試しながら釣りをしていくと野池で良い釣りが出来ると思います。

上記のリンクで在庫切れや欲しいカラーが無ければ下のメガバスオンラインショップを覗いてみてください。オンライン限定カラーなど普段行くショップに売っていないものもありますのでおすすめです。

→メガバスオンラインショップホームページ